日能研のセンター模試:志望校判定テスト 日能研

スポンサードリンク

2008年03月22日

日能研のセンター模試:志望校判定テスト

日能研センター模試「6年生向け私立国立中学受験シリーズ」のひとつである志望校判定テストは、夏休み直前の6月末に実施されます。この時期は、日能研の全カリキュラムが終了する重要な時期であり、ここから一気に受験モードへと突入していきます。
中学受験生は、この志望校判定テストの結果を見て志望校を絞っていき、夏休みでの重点ポイントを夏期講習などで教科学習することになります。
その前に受験した志望校選定テストで選んだ中学を志望校として設定し、このセンター模試志望校判定テストを受験します。

日能研の志望校判定テストの判定結果は、自分で選んで設定した複数の志望校について、志望校判定成績表で一覧となって判定されます。
判定結果の見方としては、志望校それぞれにおいて「可能ゾーン」「努力ゾーン」「検討ゾーン」と色分けされ、自分自身の偏差値が黒い星のマークで表示されています。そのラインが可能ゾーンにあれば、志望校への合格可能性が50%以上ということになります。努力ゾーンは合格可能性が20%〜50%、検討ゾーンだと合格の可能性は20%以下になります。
志望校が検討ゾーンに入っていてもまだまだ努力次第で可能性はありますが、志望校変更なども視野に入れる必要があります。
posted by gra at 16:22| 日能研 センター模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。